2つ目のバースデー
ワタクシゴトではありますが・・・




2月13日
この日が特別な日になって今年で4年目です。
はじめの2月13日は紛れもなく「人生最悪の日」」でした。

2002年2月13日。23才も残り1週間。
私は脳梗塞で倒れました。
ついさっきまで思い通りだった自分の体がみるみるうちに言うことをきかなくなっていく感覚は
まさに悪夢でした。生きている限り決して失うはずがないと信じていた自分の体に突然そっぽを
向かれたわけです。。。
さすがの私もこの時ばかりは「おしまいだ・・・」と思わずにはいられませんでした。

でも、時間というものは不思議なものです。
さらに人間というものも不思議なものです。


あれから4年、私の中でいつの間にか2月13日は
「2つ目のバースデー」という位置づけになりました。

あの日から始まった目標・人生があります。
あの日がなかったら出会うことのない人と出会うことができました。
あの日を境に見落としていたいろんなこと・ものを見つけることができました。

自分の中にあった意外な強さ。
あまりに近すぎて気がつかなかった親という存在の大きさ。
人とのつながりの大切さ。
友人の励ましの力強さ。
日常のかけがえのなさ。

以前の私では簡単に見過ごしてしまうものが「ちっちゃな幸せ」として
目に留まるようになりました。
代償は大きくても、私の人生においてあの日は必要だった、と思う今があります。
幸いにも周りの方々のお陰もあって、再び体もいうことをだいぶきいてくれるように
なりました。総合的に考えると、「最悪の日」のお陰で私が得たものはたくさん、
且つ大きなものだったのです。

この日はケーキを食べます。(2つ目の誕生日ですから)
倒れたときの感覚をあえて思い出します。(今でも怖い・・・)
療養期間を振り返ります。(意外と楽しかったな)
いろんな人を思い浮かべ、感謝します。(あんなこと言ってくれたな)
今の自分を省みます。たまに自画自賛もします(・・・笑)。
これからのことをちょっと考えてみます。(・・・・・)

そして、最後に行き着く答え。


あの日があったから今日があるんだな。。。。


どんなことも「幸」とするか「不幸」とするか決めるのは自分の心ひとつです。
まわりの人が決めるものでもないし、誰かに決めらるものではありません。
どんなにつらいことでも、たとえ長い時間を要してでも、いつか「幸せ」と思える瞬間に
つなげることができたら、その瞬間にそれがかけがえのない大切な自分の一部になるのです。

過去は変えられないと言いますが、過去の価値は未来によって大きく変えることが可能です。


過去によって未来は作られる。
未来によって過去への思いは塗り替えられる。



それが、私が行き着いた答えです。

そう思うことで、今起きていることからも逃げずに向き合える自分を見つけました。
今をできるだけ大切に楽しく過ごしたいと思うのです。

そしてその答えを見つけることができたのはやっぱり、
家族・大切な人・友達・・・の存在のお陰なのです。


ありがとうございます。。。

                                               2006年2月13日
[PR]
by Hi-Na220 | 2006-02-13 23:16 | つれづれノート
<< にじゅうはち・・・ なべっっ!! >>


*ちっちゃなきらきらたち*
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ヘイフラワーとキルトシュ..
from Keltainen Perh..
CAVERN CLUB ..
from Terasawa Toshi..
リンク
Memory
我が母ichigo のブログ。PCおまかせの強い味方。こう言っちゃ何だが仲良し母娘です。

流星ビバップ Ver.青赤
人生哲学の師と仰ぐclyde_8 さんのブログ。そのスマートな話し振りと冷静な言葉に驚かされたり感動したり、はたまた打ちのめされたり・・・実は、ちょびっと尊敬してます。。。
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧